• あいリンク

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いは?


皆さんこんばんは。

ヘルパーステーションあいリンクです。

本日は介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いについてご説明いたします。


介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いについておおまかに説明すると、以下の3点が異なっています。「介護サービス」、「入居要件」、そして「費用」です。


介護付の場合、そのホームで働くスタッフから直接、介護サービスが提供されます。介護の設備やサポートも充実し、自分で身の回りのことができる方から要支援・要介護の方までそれぞれの身体状況などに合わせた介護サービスの提供が可能になっています。 住宅型の場合、自宅と同じように居宅系サービスと契約をして利用するかたちとなります。


介護付の場合、一般的に65歳以上の高齢者が入居要件となっています。また、認知症ケアにも対応している施設も多くあります。 住宅型の場合、基本的に60歳以上の高齢者が入居要件となっていて、介護付よりも比較的お元気な方向けの施設です。自立の方から要介護認定を受けている方まで受け入れている施設が多いです。 介護付きの場合は施設内にケアマネージャが担当いたします。


介護付有料老人ホームは、介護サービスの充実だけに限らず、医療ケアの体制や設備も兼ね備えている施設もあります。また、月額は割高にはなりますが、毎月の支払いイメージがし易い点も、ホームでの生活を続けていく上で重要なポイントです。 しかし一方で、毎月介護サービスを受けるにあたり、介護保険の利用限度額まで使うため他のサービスの利用は難しいです。また、介護度の重い方が多い施設に介護度が低い方が入居すると、生活環境になじめない場合が出てくるかもしれません。


住宅型有料老人ホームは、住宅と同じように訪問介護、デイサービス、福祉用具、訪問看護などを利用し、自分の生活のサイクルを構築することができます。また、住宅型サービスは高級志向のホームから一般向けまで種類が豊富で、老後の生活を自分で構築することができます。訪問介護では対応していない時間帯で急な介護サービスが必要になったときなどは、施設ごとの実費サービスを利用しなければいけない場合もあります。また、入居中に要介護度が重くなり、外部サービスの利用頻度が高くなれば、医療提携のできている施設に再度転居しなおさなければいけないリスクもあります。


それぞれの施設によって差は生まれますが、月額でまとめて料金を支払う介護付き有料老人ホームか、利用ごとに料金が加算されていく住宅型有料老人ホームを選ぶのかは、ご利用者様の介護度と、生活サイクルによります。 入居してから「イメージと違う」「予想以上に高額になった」といったことにならないように、「介護付」と「住宅型」のどちらを選ぶか、しっかりと検討しましょう。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

1周年(/・ω・)/

皆様こんにちは 令和1年10月1日でヘルパーステーションあいリンクが 開設いたしましてちょうど1年となります。 この1年間振り返ると色々ありましたが お困りの方の力に少しでもなれていると思うと また次の1年も頑張れます!! ここまで付いてきてくれたスタッフの皆様にも感謝し また次の1年を頑張りたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します!!

障がい福祉サービスを開始いたしました。

みなさんこんにちは。 ヘルパーステーションあいリンクです。 この度平成31年2月1日より障がい福祉サービス事業での居宅介護と、重度訪問介護の指定をいただきました。 地域の皆さまにより安心して生活していただけるよう、今後は障がいのある方のご支援もさせていただけるようになりました。 障がい福祉サービスの方でも、身体に関わる支援、生活に関わる支援を行うことが可能です。 まだまだ未熟な事業所ではございます

今年もお世話になりました。

こんにちは ヘルパーステーションあいリンクです。 平成30年も残すところあと少しとなりました。 平成最後の年にヘルパーステーションあいリンクを開設できてよかったです。 本年は周りの皆様にたくさん助けていただきながら過ごした1年となりました。 来年は助けていただきた皆様に恩返しができるよう、頑張ってまいります!! 寒さが厳しくなってきておりますが、お身体に気をつけてお過ごしください。 来年も何卒当事

〒761-8073

香川県高松市太田下町2316-1

​エスポワール太田105号

TEL 087-880-5624

FAX 087-880-5647

  • Facebook Social Icon
  • Instagram

Copyright © 株式会社あいリンクAll Rights Reserved.